トップページ > 薬剤師が英語力をつけるための海外留学

薬剤師が英語力をつけるための海外留学

薬剤師の仕事の中には英語を多く使う必要がある仕事がいくつかあります。例えば外資系の製薬会社の学術業務は英訳や英文の書類作成などが非常に多いですし、良くあることとは言えませんが調剤薬局やドラッグストアでも外国人のお客様が来たときに薬について正しい説明を行うことも出来るでしょう。中には海外ボランティアとして働きたいと考えている薬剤師もおり、そういった方も日常会話を英語でこなせるくらいの英語力は必要になってきます。そうした英語の勉強をするために海外留学をする方も少なからずいるそうです。

最近は海外に移住して働いてみたいという方も多くなってきており、薬剤師の中にもそういった考えを持つ人が増えてきています。特に薬学の研究を行いたいという人の中には日本よりも様々な研究を行うことが出来る海外で好きなだけ研究したいと考える方も多いようで、資金集めに奔走しているなんて方もいるそうです。薬剤師として海外で働く場合はその国でも薬剤師免許を取得しなければなりません。そのためその国の日常会話はもちろん医学用語に関しても知識を持たなければならないので、日本で薬剤師の免許を取得するよりも大変なのは間違いありません。薬剤師の免許はもちろんビザの取得などやらなければならないことはたくさんあるので、しっかりと下調べしておかないと大変なことになりそうです。

長い間海外留学するつもりは無いけれど他の国の薬剤師の仕事について学んで見たいと考えている方は海外研修に目を向けてみてはいかがでしょうか。外資系企業やドラッグストア、製薬メーカーの中には海外研修を取り入れている企業がいくつかあり、他の国の調剤薬局の視察や現地薬剤師との交流会といった研修を定期的に行っているそうです。こうした海外研修をきっかけに海外で薬剤師として働きたくなったという方もいるそうで、他の国の薬剤師がどんな仕事をしているのかを実際に肌で感じる機会としては申し分ないものではないでしょうか。

実際に海外留学をするとなると用意しなければならないことはたくさんあります。仮に海外留学を行って帰って来たころ日本に就職先があるかどうかも向こうで薬剤師としてやっていけるかどうかも分からないので、留学準備をする前にそういったリスクについても多少は考えておきましょう。それでも自分の目標のために行きたいという人は海外留学を行って向こうでしか得られない色々なスキルを磨いてきてください。

>> TOPページで英語を使える薬剤師の求人に強い転職サイトランキングをチェック!

[PR] >> 製紙会社の求人に強い転職サイトランキングをチェック!