英語力を活かせる薬剤師求人の探し方

薬剤師が働く場所は病院や薬局ばかりではありません。ドラッグストアや製薬会社など様々な職場で薬剤師は働いています。そんな薬剤師の求人の中で、英語力を求めている求人が多数見受けられます。英語のスキルがあれば薬剤師としての活躍の場が今まで以上に広がってきます。薬剤師になりたいという方は薬の知識と合わせて英語も勉強してみてはいかがでしょうか。

薬剤師が英語を使う機会は実はたくさんあります。例えば薬の詳しい説明書は英語表記されていることも珍しくなく、ドラッグストアでは日本に移住してきた他国の人が薬の説明を求めてくることも都市部では多いそうです。外資系の製薬会社では英語が話せないと思うように仕事を進めることが出来ないなんて事も多々あるので、英語が話せる人と話せない人では仕事の進み具合が大きく違います。人より話せる言語が多いというのは比重に大きなアドバンテージなので、これを使わない手はありません。就職活動をする際はその能力を存分に使えるような職場を選んでみてはいかがでしょうか。

英語を常に使うような外資系の製薬会社など少々特殊な求人は普通の求人雑誌や求人サイトでは掲載されていないことが多々あります。なので、英語を活用できる薬剤師の仕事を探すには薬剤師向けの求人サイトを利用するのが一番です。そうした専門求人サイトは他のサイトではないような求人が非常に多く掲載されており、掲載されている求人の7割以上が他のサイトや雑誌では紹介されていないサイトもあるそうです。さらに自分のスキルや条件に合った求人を探して紹介してくれたり、書類作成の方法や給与などの条件交渉を代わりに行ってくれるキャリアアドバイザーのサービスも豊富なので、英語を行かせる薬剤師になりたいという方はぜひ一度薬剤師専門の求人サイトをご利用下さい。

求人サイトを利用する利点は求人の探しやすさやキャリアアドバイザーによる多くのサポートもありますが、それと共にそれらのサービスが全て無料という大きな利点があります。こうした求人サイトは求人を掲載している企業からの掲載費や採用時の成果報酬、サイト内の広告費によって運営されているので利用者はまったく使用量を払う必要はありません。就職活動中だからお金はあまり使わないようにしておきたいという人にも大変好評です。自身の英語力を生かした薬剤師の仕事が中々見つからないという方はぜひ薬剤師向け求人サイトにご登録ください。転職サイトランキングでは、35000件を超える求人数を誇るリクナビ薬剤師が1位に輝いていますので是非ご参考下さい。


>>英語のスキルを使って好条件の転職を探すならこのリクルートのサイト<<

英語を使える薬剤師の求人に強いサイトランキング!

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師
  • ・急な転職にも対応可能でキャリアアドバイザーのサポートで最短3日で転職が可能です。
  • ・面接日の調整などもサポートしているので勤務しながら転職活動することもできます。
  • ・自分で求人を調べるだけでなくアドバイザーからのオススメ求人も確認できます。
  • ・キャリアアドバイザーがあなたのスキルを確認してそれに見合った求人を探してくれます。
  • 総求人数は驚きの35000件で、希望通りの業務内容を選択することが可能です。
  • ・アドバイザーによるサポートにより利用者はもちろん雇用先も満足する求人を提供します。
  • 新着求人は毎日30件以上更新されており、希望する求人を必ず見つけることができます。
  • 薬剤師専門の求人情報なので普通の求人情報では見つからない求人も公開されています。

詳細はこちら

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師
  • 他の求人サイトでは確認できない非公開求人をマイナビ薬剤師だけで限定公開しています。
  • ・希望通りの求人を全国から探し出し、出来る限り多く紹介できるようにサポートします。
  • ・求人に関するあらゆる情報を網羅し、職場の雰囲気から薬局長の人柄まで知れます。
  • ・様々な要望に答えるため収入や勤務時間、転勤の有無など様々なデータで求人を探せます。
  • ・あなたのスキルをチェックし、それにふさわしい仕事を確実に見つけ出して紹介します。
  • ・他の求人サイトでは見つからない特殊な職場でも非公開求人からピックアップします。
  • ・スキルアップ制度など様々な希望がある方も納得いただける求人を用意できます。
  • ・他の求人サイトでは掲載されていない職業でも薬剤師の求人なら必ず見つけ出します。

詳細はこちら

ヤクステ

ヤクステ
  • ・薬剤師や転職に関する様々な疑問や質問にお答えし、転職活動の悩みは一切残させません。
  • ・研修制度や福利厚生といった条件からでも理想的な求人をピックアップしご紹介します。
  • ・語学に関する資格や販売業務経験など自分の持つスキルを発揮できる求人を見つけます。
  • ・治験コーディネーターから調剤薬局まで様々な薬剤師のスキルが生かせる場をご紹介。
  • ・独自のネットワークを生かして他のサイトには掲載していない求人を多数掲載しています。
  • ・簡単な登録ですぐにご利用いただける上、登録やサイト内のサービスは全て無料です
  • ・転職を成功させるために書類作成から条件交渉まで様々なサービスでお手伝いします。
  • ヤクステ公式facebookページで最新の求人情報をいつでもチェックすることが可能です。

詳細はこちら

英語力を活かせる薬剤師の職場の事例

薬剤師が英語力を活かせる場には色々な種類があります。代表的なものを上げると外資系の製薬会社や化粧品メーカは特に英語を使う機会が多い職場でしょう。使用する薬の説明書の多くは英語で書かれていることが多いので、英語の読解力が無いと薬の詳しい情報を知ることが出来ないかもしれません。臨床開発モニターの求人も同様に英語力を求める傾向にあるので、そうした仕事をしていきたい人は英語の勉強を欠かさないようにしなければいけません。

販売系の仕事も時々、英語能力が必要になることがあります。最近は日本への旅行者や日本へ移住する人が増え、薬に関する詳しい効能などを英語で聞いてくることがあります。特に都市部ではそうした事例が多く、英語を話せる人がいれば非常に心強い存在となるでしょう。薬局の中にはホテル内に店を構えているところもあり、そうした店では特に海外の旅行客が薬を買いに訪れるそうです。とはいってもそんなことが起こることはごく一部の店舗なのでほとんどの店では心配する必要は無いでしょう。

薬剤師の仕事で英語が必要なのは一部です。普通の調剤薬局などで働く分には英語に強くなくても困ることは少ないでしょう。しかし他の人が話すことが出来ない言語を使いこなせることができるというのは非常に大きなアドバンテージです。これを使わないままにしておくのはあまりにもったいないので、積極的に使える場を自分から作っていきましょう。一つ多くの言語を使えるということはほかの場所に販路を広げるきっかけになるかもしれませんし、他の人には出来ないようなサービスを提供することも可能です。今の職場でその能力を活かしきれていないなら転職も決して悪い選択ではないでしょう。

英語力を活かすことが出来る職場の求人はごく普通の調剤薬局やドラグストアの求人と比べるとさすがに少ないといわざるを得ません。それでも薬剤師専門の求人サイトなら求人を見つけることが出来るでしょう。薬に関する知識と英語に関する知識を両方兼ね備えた人材というのは少数なので、企業側としても人材は見逃せない存在なので好待遇を期待できます。これから先の人生をよりよいものにしていくためにも就職、転職活動は全力で挑むようにしましょう。